伊藤和史獄中通信・「扉をひらくために」

長野県で起こった一家三人殺害事件の真実。 そして 伊藤和史が閉じ込められた 「強制収容所」の恐怖。

被告たちの被害・精神状態

 続いて、松原智浩の東京高裁判決で認定された、犯行動機について引用する。松原の判決文は、「判例秘書」掲載のものである。
 松原智浩の高裁審理を担当したのは、第十二刑事部。裁判長は、井上弘通。裁判官は、山田敏彦と佐々木直人である。

<松原智浩・2012年3月22日東京高裁判決>
 本件犯行に至る経緯や動機についてみてみると,被告人(注・松原智浩)は,交際していた女性との結婚をF(注・金)会長らに許してもらえないであろうし,長年支配されてきた同人らに対する積年の恨みを晴らしたいとの思いもあって,本件に及んだとしている。確かに,被告人が,F親子の支配下に入り,高利貸しを本体としたEの水道設備部門等の従業員として,長年F会長宅に住み込んで働いてきたものの,かねてよりF親子から,給料の不当な天引きをされたり,ときには暴力的な扱いを受けたりしながら,文句も言えずに我慢を強いられていた事情があり,また,女性との結婚のためF会長のもとを離れたいが,たやすく許されるはずがなく,多額の現金を要求されたり,暴行を受けたりし,両親らに累が及ぶかもしれないなどと思い悩んでいたことなどが本件犯行につながったと認めることができる。
 そして,当審で実施した証人A(注・伊藤和史)の尋問やそれも踏まえた被告人の当審公判供述等も併せて更に検討すると,F会長は,非常に短気で些細なことでも怒り出し,周囲から恐れられていたこと(明確な裏付けはないが,少なくとも被告人は,本件当時もF会長が暴力団に所属し,幹部の肩書きを持っていると思っていた。),D(注・金良亮)専務も元暴力団員で性格は粗暴であり,被告人自身鉄パイプで殴られるなどの暴力を受けたことがあったこと,F会長らが営む高利貸しは,いわゆる闇金融といわれるもので,その取立方法は厳しく,借金を返さない債務者に対しては,暴力を加えてでも取立てをし,平成19年には,D(注・金良亮)専務の取立てに同行した際,被告人もD専務に加勢して債務者に対する暴行に及んで,D専務とともに恐喝及び傷害の罪で有罪判決(執行猶予付き懲役刑)を受けていたこと,借金を返さないまま逃げ出した債務者の居場所調査は,長野県内だけでなく,大阪や神奈川にまで及ぶこともあり,被告人は,日本中のどこへ逃げてもF会長らのもとからは逃げられない,仮に自分だけが逃げ切れても長野市内にいる家族に危害が及ぶのではないかと考え,逃げるに逃げられない心境にあったことなどの事情が認められる。同様にAもF親子の支配下にあって,Eの従業員としてF会長宅に住み込みで働かされていたが,被告人以上に束縛が厳しく,休日も自由な外出ができないほどであったこと,さらに,Aは,明確な裏付けまではないものの,以前にD専務が暴力団の兄貴分の男(注・宮城法浩)を射殺した現場に居合わせて,その直後の状況を目撃し,D専務に命じられて死体を隠す手伝いをさせられたことがあり,その口封じのためもあって動静を監視されており,D専務のもとから逃げ出したりすれば,いつか自分も殺されるのではないかと考えていたことなどの事情が認められる。
 上記のようなF親子の行状を間近で見たり,自ら理不尽な扱いを受けたりしてきたことにより,被告人及びAらが思い悩まされ,耐え難い心境に陥るとともに,積年の恨みを晴らしたいという思いを持ち,それが本件犯行につながった面があることは否定できないと認められ,このような被害者側の事情や経緯は,被告人にとって酌むべき事情として相応に考慮されてしかるべきである。

 判決内容は不公正であり、理由を示さない判断ではないかと思える部分も存在した。しかし、長野地裁判決に比べれば、まだまともに認定を行っている。
 判決文は、被告の感情をそぎ落として伝える。情状認定については、起こった出来事の羅列が主となるため、被告人の心情については、「被害者の冥福を祈っている」などの定型的な要約に変換されてしまう。事件時に何を感じたか、どれだけ苦しい立場に置かれていたか、反省や後悔の念などは、判決文を読んでいても伝わりにくい。まして、表情や態度などは見えてはこない。加えて、被告が事件時に置かれていた状況について、が逐一書かれているとは限らない。そのため、事件に至るまでの心境について、ニュアンスが伝わりにくくなる面もある。
 その点は、松原の高裁判決も同様である。それでも、松原、そして伊藤の苦痛や恐怖、置かれていた状況の過酷さは、伝わってくるのではないか。

 被告たちが「被害者」から受けた被害について、裁判所はどのように認定したか?伊藤と松原の地裁・高裁判決文を引用し、検討してみる。

 この項では、地裁判決を引用・検討する。判決文は時系列順に並べられている。この地裁判決は、「判例秘書」掲載の判決文を引用したものである。

 二人の地裁審理における裁判官は、裁判長は高木順子。裁判官は、松原の審理の際は鎌倉正和と北澤眞穂子。伊藤の審理の際は、菅原暁と北澤眞穂子である。


<松原智浩・2011325日長野地裁判決>

関係各証拠によれば,被告人は,かねてB(注・金文夫)会長及びC(注・金良亮)専務の親子から,給料の不当な天引きをされ,時には暴力的な扱いを受けることもあり,文句も言えず我慢を強いられていたことなどの事情が認められる。また,被告人が,女性との結婚のためB会長の下を離れたいが,たやすく許されるはずがなく,多額の現金を要求されたり,暴行を受けたり,あるいは,両親らに追い込みをかけられるかもしれないなどと思い悩んでいて,こうした思いが本件犯行につながったという点は弁護人指摘のとおりである。

 後述するが、真島事件支援団体から聞いた話では、地裁段階での松原への弁護態勢は不備が多かったとのことだ。犯罪被害についての主張も、不十分なものであった。例えば、宮城殺害事件を法廷に持ち出すことについて、弁護士はあっさりと諦めてしまったらしい。
 また、真島事件は裁判員裁判で審理された。これも後述するが、裁判員裁判は、簡素な内容を旨としている。しかし、そのような不十分な裁判、簡素な認定文であっても、この程度の事情は認定されているのである。

 次は、伊藤和史への長野地裁判決の、情状認定部分である。松原一審判決と比較しても、簡潔さ、もっと率直に言えば、粗雑さが際立っている。


<伊藤和史・20111227日長野地裁判決>

確かに,関係証拠によっても,弁護人が指摘する事情には,一面の真理があることは否めないが


 この一文が、情状認定のすべてである。
 伊藤の長野地裁判決で唯一「裁判所の認定」として書き出された、「弁護人の指摘する事情」とは、『弁護人は,仮に期待可能性が否定されないにしても,A会長一家殺害は,先行する遺体遺棄事件の被害者であるG(注・宮城)に始まり,A(注・金)会長親子による奴隷的な拘束,支配を受けていた被告人が,妻子の元に帰りたい一心で,共に虐げられていた共犯者らと連帯してA会長親子に反撃したものであって,A会長親子にも大きな落ち度があり,被告人の犯行動機には同情すべき事情がある,利欲目的による典型的な強盗殺人とはいえない点に本件の本質があり,極刑を回避すべきである』という、伊藤一審判決に要約された弁護人の主張のことである。

 松原一審判決の認定も、ずいぶんと簡潔な内容であった。しかし伊藤一審判決は、「事件の背景を認定する」、「被告人に最低限の認定内容だけでも示す」「自らの認定をもとに事件の真実を明らかにし、量刑を検討する」という、人を裁く者として最低限の責任さえも放棄している。長野地裁の法廷で、伊藤が被害者たちから負わされた傷は、スクリーンに映し出されている。金良亮の前科、金父子の闇金の記録も、伊藤の地裁公判で出てきている。金良亮は宮城殺害で書類送検されており、その件も法廷に持ち出された。被害者たちの犯罪は、法廷にその姿を露わにしていたのである。

このずさんな判決についても、のちに詳細に検討したい。

 ただ、この短文から、伊藤の主張する被害者の犯罪を否定できなかったことは、理解されるだろう。
 松原の場合と違い、伊藤の弁護士は、一審段階から積極的に金一家の犯罪に言及していた。
 そのため、六人の「市民」と裁判官たちは、被害者たちによる犯罪を否定できず、死刑選択の理由付けに苦心した。そして最後には、被害者たちの犯罪を認定すること自体から逃避したのである。
 これは、事件の真実解明、真摯な量刑検討を放棄することでもあった。

↑このページのトップヘ