IMG


 伊藤和史の死刑が確定した際の、信濃毎日新聞の記事である。

 率直に言えば、「これだけ?」と言いたくなるような内容であった。
 裁判員裁判での死刑確定という大事件にしては、報道量があまりにも乏しすぎるのだ。
 第一に、判決内容が不明瞭である。
 最高裁判決は、はっきりと、『かねて会長親子から頻繁に暴力的な扱いを受け、専務からは逃げらたら命を奪うかのような脅しを繰り返し受けながら、長時間の労働を強いられるなどした。そのため、被告人は、心身共に疲弊し、会長親子の束縛から解放されたいという思いを募らせ』と金父子の犯罪行為が、事件原因であることを認定していた。しかし、この記事は、最高裁の認定をあまりにも曖昧にして濁している。
 第二に、法廷の様子がまったく書かれていない。
 裁判長は、異例の主文後回しを行ったのだが、記事は全くそれに触れていない。
 また、最高裁とはいえ、被害者遺族が法廷にいないことは珍しい。K・Kをはじめとした遺族は誰一人として法廷に姿を見せなかった。それも異例のことであり、記事として書いても良さそうなものだ。
 ついでに言えば、私が抗議の声を上げたことも書かれていない。抗議の声が上がることなど、そうない筈なので、それも書けばいいのだ。
 そして、何人かの記者が、今村弁護士に取材を行っていたのだが、その結果も全く書かれていないようだ。

 この二点については、ある程度、理由が推測できる。伊藤の犯罪被害に言及した部分、法廷での特異な光景など、いずれも、「被害者」による犯罪行為にかかわるものである。そのため、信濃毎日も及び腰なのではないか。この20年ほど、「被害者」「遺族」は、正当性を疑ってはならない「聖域」と化している。
 それでも、第三の点は、非常に特異な記事であった。

 第三。この記事には、伊藤の事件を担当した裁判員がまったく登場していない。
 普通、死刑が確定すれば、裁判員にコメントを取りに行く。共犯者の松原が死刑確定した際も、裁判員のコメントを取りに行っていた。他の死刑事件の確定でも、同様である。にもかかわらず、伊藤の場合に限って、伊藤の裁判員はまったく登場しない。代わりに、松原を担当した裁判員が、コメントを出して「裁判員の苦悩」なるものを訴えている。
 おそらく、伊藤を担当した裁判員は、全員が取材を拒否したのではないだろうか。だからこそ、松原の裁判員のコメントを取り「どうか想像してください」と、読者に投げるしかなかったのだ。
 また、松原の裁判員であるがゆえに、「苦悩」とやらしか聞き出すことがなく、それゆえに周辺取材の結果も、乏しいものとならざるを得なかったのであろう。
 この「裁判員の苦悩」なるものを訴える内容も、ありきたりな、見慣れた内容だ。「被害者」「遺族」が聖域となっているのと同じく、裁判員も聖域と化している。それを、改めて確認できる内容であった。

 しかし、この「聖域」に漫然と拝跪しているべきなのだろうか?
 裁判員と裁判官の差は、その専門的知識のみである。誤れる判決、不当な判決については、裁判官のそれと同様、批判していくべきだ。そのためには、まずはお客様扱いをやめるべきではないか。

 事件の特異性を考慮せず、「死刑確定」を扱う記事とだけみても、内容の乏しい記事だった。それでも、一つだけ興味深い内容があった。
 最高裁は、大人しい「お客様」である裁判員に配慮し、カウンセリング窓口を設けている。長野地裁でもそれは同様なのだが、真島事件に関与した裁判員のうち、その窓口を利用したものは、誰もいないとのことだ。
 考えてみれば、裁判官が死刑判決に悩んでカウンセリングを受けた、という話は聞かない。裁判員は、裁判官ほどには裁くことに慣れていないだろうが、やはり同じではないのか。