何かを成すには誰かの犠牲がつきものだと、私は想う。
 それが大きな事であればある程、犠牲の数も比例すると想う。
 そして、あっちを取れば、こっちは取れない。
 そういうふうな事、いっぱいあると想う。
 何かを選ぶ代わりに、何かを捨てなければならない。
 人生は、そんな事の繰り返しだと想わないか?

                                                            Kazu
「心のおと」から「扉をひらくために」へ