ブロガーさん、こんにちは。
 あなた様の大切なお時間を使わせて頂くとともに、お世話になります。
 本日、10月29日の東京は空が青く良い天気です。
 朝晩は徐々に寒くなりましたが、お元気でしょうか。
 私は先週の10月22日の晩から、ちょこっと風邪にやられ始めましたが、この東京拘置所で戴いた風邪薬と私のために差入れて頂いた食べ物、そして暖かい衣類のおかげで、2・3日の間に元気になりました。
 少しでも体調が悪くなった時の独りというのは、とても心細いものです。
 しかし、それも私自身が犯した罪への罰だと想っております。

 話は一転しますが、先日は私に逢いに来て下さり、大変に感謝している次第です。
 約15分間というあっという間の面会時間ではありますが、私にとって世間での会話レベルを取り戻すための良いリハビリになって、非常に助かっております。
 相変わらず、私は頭の中でたくさんの言葉が交錯してしまって、途中から何を話しているのか解らなくなってしまいました。
 そんな私に対して、黙って私の声を聞いて下さるあなた様に、重ね重ね感謝致します。
 それと、もうひとつ、お金の差入までして頂き、本当にすみません。
 資力の無い私には、食べ物や日用品、その他のものと同じくらいに、お金の差入も大変に助かります。
 差入告知を受けた時、有難く頂戴しました。
 ありがとうございます。
 早速、そのお金で夏もの衣類の洗濯代にさせて頂きました。
 この東京拘置所に移送される前の長野県の刑事施設では、洗濯代を必要とすることは全くありませんでしたが、東京拘置所での洗濯は、肌着や下着、靴下だけしか受けて下さらない。
 それ以外は、すべて東京拘置所が指定するクリーニング店にて有料なので困ったものです。
 そんな贅沢は言ってられないですね。
 今、こうして生きていること事態が、有難いわけですから。
 ところが、同じ服を着続けることくらい我慢しなければいけないのに、つい、“きれいな服が着たい”という欲に負けてしまいました。
 そういう欲の方が困りものですね。
 お礼の意が徐々に私の愚痴っぽい内容になりつつありますので、ここで止めておきます。

 先日の面会のお話の中で、私の手記(「心のおと」)を載せて頂けるということで、これから少しずつお世話になります。
 その件において、少し時間といいますか、現在、時間に余裕がありません(『忙しい』という言葉が嫌いなので表現を変えております)ので、綴り次第で送付いたします。
 私の勝手で申し訳ありません。
 宜しくお願い致します。

 では、ここでペンを置こうと想いますが。
 改めまして、逢いに来て下さり、そしてお金の差入まで、ありがとうございます。
 又、ブロガーさんの大切なお時間と大切な生活の一部を私に与えて下さったことも感謝しております。
 10月が早くも終わりを迎えつつあり、増々寒さを感じるようになりつつあります。
 どうか、お身体にはご自愛ください。
 今日も一日、お疲れ様です。
 失礼致します。
 平日、一日一通制限により、発信が集中して遅れること、大変に申し訳ありません。

2014年10月29日(水) 伊藤和史