この記事は、松原智浩の死刑確定時の、信濃毎日新聞である。2014年9月3日付朝刊のものだ。控訴審時の松原は、この写真と違い、がっしりして色が黒かった。少し若いころの写真なのかもしれない。

2014年9月3日付


 『被害者の暴力などに我慢を強いられ、「動機、経緯に酌むべき事情として相応に考慮すべき点もある」としながらも「刑事責任は極めて重大」とした』 
 上に引用した記事のように、松原が被害を受けていたことは、最高裁判決でも一応は触れられているようだ。これは珍しいことである。
 最高裁判決は、高裁で複数の動機が認定された場合、被告に不利なものだけを記載する傾向がある。たとえば、「被害者たちのリンチから逃れ、自らの暴行を警察に通報されないために殺害に及んだ」という動機が、高裁判決で認定された事件があった。その事件の場合、最高裁では「自らの暴行を警察に通報されないために殺害に及んだ」という動機だけが、判決文に記載された。このような記載となるのは、短い三行半の中で、いかに自らの判断を正当化するかに、汲々としているからだろうか。
 松原の高裁判決では、「被害者」たちの犯罪から逃れたいという動機と共に、金銭を奪う意志も認定されてしまった。このような場合、最高裁の筆法では「金銭を奪うなどの目的のを果たすために、殺害を行った」と判決文に書かれてもおかしくない。そのような最高裁であっても、真島事件の「被害者」たちの犯罪は無視できなかったということだろうか。

 なお、この記事に出ている裁判員は、これまでも判決の節目で、取材に応じている。今回の記事を含めて読んだ印象では、「自らの心情の安定」に、最大の関心があるように思えた。真島事件の裁判員の言動、一連の記事への違和感などは、後程、記事を書くことになると思う。今回は、以下の点だけを述べて、記事を終わらせたい。

 以下の感想は、あくまでも私の愚考であり、伊藤や松原の考えではない。2012年3月末の記事によれば、伊藤は裁判員に対して『「自分が犯した罪でショックを与え、(裁判に)巻き込んでしまった」』『「これ以上(裁判による負担で)迷惑を掛けたくなかった」』という思いを抱いているようだ。ならば、私の考えは、被告たちの心情に反するものかもしれない。それでもあえて書かせてもらう。裁判員の言葉、裁判員への世論、あまりにもアンフェアに思えるものが多いからだ。

 この記事では、またも「裁判員の心のケア」「国民の負担軽減」について語られている。真島事件で、否、裁判員裁判で死刑判決が下されるたびに、「裁判員の心のケア」「裁判員の負担軽減」の問題が語られてきた。しかし、これは問題提起としては異様に思える。
 もちろん、裁判で精神的な傷を負ってしまった場合、国が医療面でケアする必要はあるだろう。しかし、この記事で書かれている裁判員の状況は、「殺人現場写真などを見せられ、トラウマ・PTSD等に罹患した」というものではない。「裁判の判断を重荷に感じている」というものだ。しかし、その感情は「ケア」により取り除くべきものなのだろうか。
 裁判への関与は、人の人生を左右し、時には生死を決定するということだ。その判決の重みを受け止めるのは、判決を下した者の責任である。たとえば、「裁判官が自らの下した判決の重みに苦しんでいる。精神的負担の軽減を」という主張には、誰でも違和感を覚えるのではないか。裁判における徹底した審理は、自分の判断の重みを認識し、負の結果であっても受け止める心構えがなければ、不可能である。精神的な傷の治療は必要であっても、「人を裁くことの重荷」「裁いた結果への責任と、責任の自覚」は、断じて取り去ってはならない。