被告たちが「被害者」から受けた被害について、裁判所はどのように認定したか?伊藤と松原の地裁・高裁判決文を引用し、検討してみる。

 この項では、地裁判決を引用・検討する。判決文は時系列順に並べられている。この地裁判決は、「判例秘書」掲載の判決文を引用したものである。

 二人の地裁審理における裁判官は、裁判長は高木順子。裁判官は、松原の審理の際は鎌倉正和と北澤眞穂子。伊藤の審理の際は、菅原暁と北澤眞穂子である。


<松原智浩・2011325日長野地裁判決>

関係各証拠によれば,被告人は,かねてB(注・金文夫)会長及びC(注・金良亮)専務の親子から,給料の不当な天引きをされ,時には暴力的な扱いを受けることもあり,文句も言えず我慢を強いられていたことなどの事情が認められる。また,被告人が,女性との結婚のためB会長の下を離れたいが,たやすく許されるはずがなく,多額の現金を要求されたり,暴行を受けたり,あるいは,両親らに追い込みをかけられるかもしれないなどと思い悩んでいて,こうした思いが本件犯行につながったという点は弁護人指摘のとおりである。

 後述するが、真島事件支援団体から聞いた話では、地裁段階での松原への弁護態勢は不備が多かったとのことだ。犯罪被害についての主張も、不十分なものであった。例えば、宮城殺害事件を法廷に持ち出すことについて、弁護士はあっさりと諦めてしまったらしい。
 また、真島事件は裁判員裁判で審理された。これも後述するが、裁判員裁判は、簡素な内容を旨としている。しかし、そのような不十分な裁判、簡素な認定文であっても、この程度の事情は認定されているのである。

 次は、伊藤和史への長野地裁判決の、情状認定部分である。松原一審判決と比較しても、簡潔さ、もっと率直に言えば、粗雑さが際立っている。


<伊藤和史・20111227日長野地裁判決>

確かに,関係証拠によっても,弁護人が指摘する事情には,一面の真理があることは否めないが


 この一文が、情状認定のすべてである。
 伊藤の長野地裁判決で唯一「裁判所の認定」として書き出された、「弁護人の指摘する事情」とは、『弁護人は,仮に期待可能性が否定されないにしても,A会長一家殺害は,先行する遺体遺棄事件の被害者であるG(注・宮城)に始まり,A(注・金)会長親子による奴隷的な拘束,支配を受けていた被告人が,妻子の元に帰りたい一心で,共に虐げられていた共犯者らと連帯してA会長親子に反撃したものであって,A会長親子にも大きな落ち度があり,被告人の犯行動機には同情すべき事情がある,利欲目的による典型的な強盗殺人とはいえない点に本件の本質があり,極刑を回避すべきである』という、伊藤一審判決に要約された弁護人の主張のことである。

 松原一審判決の認定も、ずいぶんと簡潔な内容であった。しかし伊藤一審判決は、「事件の背景を認定する」、「被告人に最低限の認定内容だけでも示す」「自らの認定をもとに事件の真実を明らかにし、量刑を検討する」という、人を裁く者として最低限の責任さえも放棄している。長野地裁の法廷で、伊藤が被害者たちから負わされた傷は、スクリーンに映し出されている。金良亮の前科、金父子の闇金の記録も、伊藤の地裁公判で出てきている。金良亮は宮城殺害で書類送検されており、その件も法廷に持ち出された。被害者たちの犯罪は、法廷にその姿を露わにしていたのである。

このずさんな判決についても、のちに詳細に検討したい。

 ただ、この短文から、伊藤の主張する被害者の犯罪を否定できなかったことは、理解されるだろう。
 松原の場合と違い、伊藤の弁護士は、一審段階から積極的に金一家の犯罪に言及していた。
 そのため、六人の「市民」と裁判官たちは、被害者たちによる犯罪を否定できず、死刑選択の理由付けに苦心した。そして最後には、被害者たちの犯罪を認定すること自体から逃避したのである。
 これは、事件の真実解明、真摯な量刑検討を放棄することでもあった。